シミ取り

スポンサーリンク

プサン皮膚科でレーザー

 

 

 

 

 

 

 

見苦しい写真ですみません”(-“”-)”

娘には子供の頃からそばかすが顔の中央ゾーンにたくさんありました。
20代には化粧で消そうと思いましたが、厚塗りお化けになるので消せず、悩みの種。

ところが、韓国で安く消せると知ったので、何件か病院に行ってみました。

銭湯やヤクルトのオバちゃんなど、肌のきれいそうなオバちゃんに聞いて回り見つけたのが普通の皮膚科。南浦洞の辺りの皮膚科で、先生は英語も堪能。

まぁシミを指させばすぐ分かる程の量のシミがあるので、言葉も不要かも。

先生も、要領がよく手早いので、即レーザー治療の前の塗り薬麻酔にかかる。30分ほど待って、レーザーすると、写真のような顔になる。これが顔全体なので、顔中恐ろしいことになる。夜中にトイレに行って鏡を見た時の恐ろしさといったら・・・( ;∀;)

1週間から10日でカサブタがはがれるので、それまでは我慢。カサブタ取れたらキレイにシミが無くなっている。これを数年くりかえして、今はかなりの出来栄えに。

娘の場合、そばかすなので、閉経まではホルモンのバランスの関係上出るらしい。
なので、時々取ってます。

初めの頃は180個20万Wとか取ってたけど、50個7万Wぐらいまで減ってきた。

もう今はレーザーはしていない。代わりに、下のクリームを塗っている。

 

タイのシミ取りクリーム(レチンA)

タイチェンマイの薬局で買ったレチンAクリーム1本240バーツ
最近の最安値は210バーツだった。

開けたら1か月で使うとか、冷蔵庫保管とか色々情報があったけど、全部ムシして3か月で1本使い切って、保管も洗面所の棚に置いてるけど、大丈夫でした。私達の肌が強めなのかもしれないけれど。

このクリームを、シミや毛穴の広がった所に薄く塗るだけ。
夜お風呂後に顔の気になる場所に塗布。乾いたらクリームや化粧水など普段通りに。

気長に毎日塗ると、薄いシミから消えてくる。濃いシミはなかなか消えないけど、濃いのはレーザー出来るので。(プサンの皮膚科では薄いシミはレーザー出来なかった)

チェンマイでもレーザーがあると聞いて、次回試してみようか考え中。顔中シミが増えてきたら考えようか。顔全体で5千バーツのレーザー治療があるとの情報を得ました。日本語も少し出来る受付の人がいるそうだし、何人もの日本人が治療してるそうなので安心(だと思う)

とりあえず、増えないように気を付けているのですが、気が付くと出てくるので追いかけっこ状態です。
韓国でもタイでも美容大国ですね。日本はまだまだ美容代が高い。

コメント

  1. Amanda より:

    ブログ拝見しました。私も悩んでおります。そちらの皮膚科の名前はミソアンでしょうか?どのように予約をしましたか?

    • shinano shinano より:

      Amandaさま
      遅くなりましたがお返事です。
      皮膚科は설皮膚科です。051−463−3831
      普通の皮膚科ですので予約なしで突然行けば大丈夫です。
      ソバカスは簡単に取れますが、肝斑やシミは一度で取れないこともあります。

タイトルとURLをコピーしました