スポンサーリンク

チェンマイ タイの薬アレコレ♪ 

タイのチェンマイよりサワディーカー(^^)/

漢方薬局、薬局、ドラックストアを見るのが大好きな、娘shinano です。

自分たちに必要な、常備薬を買ってみました。

薬は、長期滞在前には必ず かかりつけ医院でもらってますが、
足りなくなったり、タイでも買えるものは買ってます。

購入の際は、各自の体調や体質に合わせて、薬局の薬剤師さんに相談して下さい。

娘shinanoは、頭痛もち、筋腫もち、暑さ寒さに弱い、気管支炎もち、
アレルギー体質(花粉、生玉ねぎ類、抗生物質マクロライド、)
という感じでして、
頭痛ひどいと、医院でブロック注射してもらうほどです。

母親は、寒いと膝が不具合、気管支炎もち、
風邪もインフルエンザにもならない、
平熱が37℃以上という、
免疫力高めの老人です。

スポンサーリンク

頭痛薬イロイロ

左2つは、各12B。
右は1箱90B。

⇧ 左2つは、コンビニでも買えるよくある薬。
パラセタノールで、胃に優しく、値段も安い10錠12B。

娘の頭痛には効きませんでした。
が、
生理痛には、1回1錠で効きました。
日本から持ってくる頭痛薬(ロキソニン)が無くならないように、
時々ある生理痛には、安いコチラを飲んでました。

⇧ 右の薬は、左2つが頭痛で効かず、手持ちのロキソニンが不足し、
薬局で薬剤師さんから購入した物。
成分が日本より多めですので、飲むのに勇気がいりました。
実際飲んだあとは、ふわ〜っとする感じで、ホテルのロビーで休んだほどです。
それ以降飲んでません。

風邪薬イロイロ

風邪薬2種類、中身は⇩
4錠入ってます。

タイでは、おなじみの風邪薬2種類です。
4錠入りで、大人1回1〜2錠、4〜6時間あけて飲む。
と、かいてますが、
風邪の初期、なんか変〜で飲めば1錠でスッキリです。

娘shinanoは、寒いと風邪、エアコンで風邪、
と、面倒くさい体質なので、
まずは、
寒気や鼻水で、葛根湯
30分して汗が出なかったら葛根湯2袋目
これでも汗出ない、症状の改善なしなら、上の1錠か、
薬飲んですぐ寝るなら、
韓国のテラプル(테라플루)下の記事の中程のを1袋飲んで寝ます。

風邪は早く治さないと、気管支炎につながるので、
こじらせないよう早めに治すようにしてます。

虫刺されや筋肉痛、蚊予防スプレーなど

昔懐かしタイガーバーム
1個56B
左3つは、虫さされや筋肉痛
左から 50B 10B 38B
右は、蚊予防スプレー小 右端 33B

スーパー、コンビニ、小さいマート、ハーブ系のお店など、
かゆみ止めなどは小さいものをイロイロ買って楽しんでます。
香りや効き目など、イロイロあるので、自分に合うものを。

なんでも大丈夫でした。

私は、刺されたら、なるべくかかずに、
氷か保冷剤で、刺された箇所を冷やします。
痒みが止まって、皮膚の感覚がなくなるまで冷やします。
その後、かゆみ止めを塗って放置。

タイの蚊に刺されると、数日痒かったり、あとが残ったりするので、
刺されないようにするんですが、それでも刺されたら、
かかない。
触れない。
まずは冷やす。
というふうにしています。

デング熱が恐ろしいですので、スプレーは小瓶を持ち歩きます。
大瓶は家用で玄関に常備。
出かける前にシュシュシュ〜します!

長くなったので、今回はココまでにします♪

薬は、アナフィラキシーショックで亡くなることもあるので、
各自の体質に十分注意して使って下さいね。

娘shinanoも、アナフィラキシー(薬が合わなくて)で、
2度病院に行ってて、
次は死ぬから飲んじゃダメ!
と医師から言われたので、
必ず薬剤師さんに相談してから買ってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました