スポンサーリンク

チェンマイ コンドミニアムを選ぶときに重要なことって?

スポンサーリンク

毎日の水の確保、地味ですが大変な作業です

タイのチェンマイよりサワディーカー(^^)/

日本にいると何とも思わない、水道の水。
いや、
そんなこともないですね〜
大阪の水はまずかった(T_T)

私たちの住むところは、田舎なので水道の水飲めます。

が・・・

だいたいの人は買ったり、浄水器つけたり、
水道から直接水を飲むことが日本でも少ないですよね。

チェンマイは、絶対飲めません。

私達は、うがいも水道の水は、ムリです。
なので、上の写真の浄水器の水を
うがい用、沸かして飲む、食事にと、使ってます。

コンドミニアムの1階にあって、
メンテナンスされてるので安心して使いますが、
これも、そのままは飲めません。

そのまま飲むのは買ってくる水です。
業者さんに定期的に持ってきてもらう人も多いです。

水質が悪いのか?
軟質硬質の違いなのか?
洗濯物も、白物はグレーっぽい感じになります。

時々、漂白するんですが、
真っ白にはなりません。

私達は、
水道水、コンドミニアムの浄水の水、買ってくる水。
3種類に分けて、使ってます。

井戸に水くみにいく昔の時代のように、
せっせとお水を買いに行きます。

浄水器のお水は頻繁に買うので、(5バーツで7リットル)
近くにないと、とても不便。
今のコンドミニアムは1階のフロアにあり、近くて便利です。

避寒のときは、向かえのコンドミニアムまで買いに行ってました。
外に出るので、パジャマではムリだし、夜は車が怖いし。
地味〜にイヤでした。

スーパーに買いに行く水も、重くて大変。
今は自転車で近くのスーパーやコンビニへ行きます。

スーパーで重い物を買い出ししたら、
Grabタクシーやトゥクトゥクで、
コンドミニアムの駐車場エレベーター前で降ろしてもらいます。

生活に使う水なので、切らせません。
コンドミニアム選ぶ際にはお水の確保がしやすい所を
選ばれた方が、日々の暮らしが楽できます。

麦茶パックを日本から持ってきて、沸かして飲んでましたが、
日本の水と違うので、いつもの麦茶を感じない。

なので今は、
タイのパンダンティーを沸かして飲んでます。
これが、タイのご飯にピッタリあうんです。

洗濯機が部屋にあること

洗濯機がコンドミニアムの各部屋に無いことが多々あります。
高級コンドミニアムでも、部屋になかったりする。

コンドミニアムの1階に共同洗濯機があれば、まだイイですが、
それでも混み合いますし、毎日だと面倒です。

1回の洗濯で、20B〜40B かかります。
20Bとしても、1ヶ月600B。
1年で、洗濯機がじゅうぶん買えます。
5千Bくらいから、新品が買えます。

洗濯機は、私達には必須でしたので、
ついてる部屋を選びました。
コンドミニアムも各部屋によって電気製品も家具も違うので、
自分が必要なものは予め紙に書いて(英語で)
部屋を見せてもらうときにオーナーに見せるといいです。

洗濯機や台所は、有る無しが分かれるので、
部屋に有る方がいいか、
コンドミニアム内にあるならいいのか、
毎日のことなので、地味に重要です。

暑いタイでは、着替えも多いし、シャワーも多いです。
当然洗濯物が増えます。

若いときは、手洗い手絞り出来ました。
50才近くなると指の力がなくなってきたり、
朝起きたら指先がしびれてたり、
絞る作業が前ほど楽ではないんです。

数日の旅行でしたら、洗濯屋に頼めばいい。
1キロ40Bほどです。
でも、下着は恥ずかしい( 一一)

数カ月になると、洗濯機って必需品です。

私達は、洗濯機、台所、電子レンジ、1LDK は必須です。
WIFIもコンドミニアムについてると嬉しいです。
TM30の手続きもオーナーがしてくれる所を選びます。

あと、
前回のコンドミニアムは、オーナーが全てを仕切ってました。
短期で住む方が多いので、交流もなかったです。

今のコンドミニアムは、サポート体制が良くて、
「ちゃ〜お」という雑誌を、日本人のポストには、
入れてくれるサービスまであります。

マネージャーや会計、掃除の方々、警備の方々、
そして、技術屋さんがいて、役割がきちんとしています。

この技術屋さんがすごい。
電気関係や、部屋の修繕、自転車の空気入れなど、
ホントにイロイロ助けてくれる。

ここのコンドミニアムに入ってから、
オーナー次第だなぁ〜とつくづく感じました。
場所の好き好きもありますが、
コンドミニアムで働いてる人たちも重要です。
いきなり長期で借りず、まずは1週間でも1ヶ月でも、
住んでみてからがオススメです。

夜や朝、飛行機の音や車やバイクの音など。
場所によっては騒音のせいでTVの音が聞こえにくかったりします。

工事中も要注意です。予定は未定のタイの国。
住んでる間中、工事の音でうるさければ心が病みます。
その辺りもしっかり自分の目と耳で確認したほうがいいです。

簡単に部屋が借りれて、引っ越しも気軽に出来るからこそ、
まずは短期契約から始めるといいですね。

1年契約になると、ぐっとお安くなりますが、
そこは慎重に、まずは短期間泊まって判断してください。

せっかくの海外、毎日の生活の事が自分にとって辛くないように、
色々嫌なこと、好むこと、書き出してみるといいと思います。

楽しいタイ暮らしにするために(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました