HSP気質(娘) と 非HSP(母) だと気づいた夏!

長らく放置していたブログ・・・(^_^;)

その間に色んなことがありまして、
その中でも大きな1つが・・・

HSP(Highly Sensitive Person)

5人に1人いる”敏感すぎる人”のことです。

特徴としては

① 刺激”五感や第六感”に敏感に反応する

② 人の影響”他人の気分「エネルギー」”を受けやすい

③ 直観力がありヒラメキが強い

④ 刺激を受けやすく、疲れやすい

⑤ 内向型人間

大まかには⇧こんな感じですが、人それぞれです。

⇧ shinano(娘)が、HSP気質を持っていた・・・(^_^;)
50才も近づいてきた今になって分かるなんて・・・

今がソレを知るタイミングだとしても!
おっそ〜〜〜い!!
この言葉を知ったのがTwitterで、
なんとなく見ていたらこの言葉に引き寄せられ、
調べてみると・・・私(娘)のことやん!!

ちなみに私にあるHSP気質は、
・他人のエネルギーもらいやすく(マイナスもプラスも)
吸い取られやすくて、疲れやすい。
・気温や音や光や風に敏感で、頭痛や体調不良をおこしやすい。
・他人の感情が分かるので同調して疲れる。
・ニュースで嫌な話題を見てると同調して気分悪くなる(良い話題だと気分上がる)
・相撲以上の格闘技を見るのは辛い(ラグビーやサッカーも少し苦手)
・人の多いところは苦手。
・初対面が苦手。
・大人数での食事会など苦手。
・人前で何かをするのは苦手(自己紹介すら嫌)
・浅く軽いおつきあいが苦手。
・友達は長く深く付き合うのが好き。
・怒ると感情的になって白黒つけたくなる。
→0か100かハッキリしたい。
→その後、落ち着いたらクヨクヨ悩みだす。
・テレビの音や、カフェでの周りの会話や、カラオケなど苦手。
・買い物が苦手(ウインドーショッピングは出来ない)

ざっと思い出してもこれぐらいはあります。

日常的にやだな〜と思うことが多いので、外出すると疲れます。

今までは体力不足や運動不足などと思っていましたが、
脳への刺激が強くて疲れるのだと分かったので、
むやみに病院へ行かなくてよさそうです。

西洋医学に韓医院や中医学に薬膳や漢方薬など・・・

あらゆることを試しましたが疲れている状態が良くなることはなく、
かといって悪いところがあるわけでもない。。

いわゆる不定愁訴ですね。
最近は更年期だと思って過ごしてました。

私のように知らずに過ごす方々は多いと思うんです。
特に中年以降の方。

HSPという言葉自体が新しいものなので、
40代以上の人々はお子さんがそういう気質をお持ちなら、
調べて知ってるかもしれませんが、
自分のことは分からないと思うんです。

家族からは、引きこもりの怠け者 扱いだったのが、
私は疲れやすい気質なんだから、疲れたら休もう。

今日は一日外出だったから明日は家で1人ゆっくり楽しもう。
などと調整していけるし、説明も出来るんです。

他人に分かってもらえるかは別として、
自分自身に説明がつくのが一番嬉しい。

HSPはそういう気質というだけで、
病気でもないですが、治るものでもないです。
一種の花粉症とか、〇〇アレルギーみたいなものです。
上手に付き合うと、いい方向に向かえると思うんです。

HSPについては、⇩ で診断テストをしてみてください。

HSP診断テスト - 選ぶだけの簡単セルフチェック
あなたのHSPの度合いを知ることができます。繊細な自分を知ることで、自分や世界の見方を変えることができます。

気になった方は、診断テストしてみるといいと思います。

HSPだと判明したら、色々調べてみると納得するし、
腑に落ちることが山ほどあります。
そうすると、日々の暮らしが少し楽になります。

少しずつ本やネットで情報を集めながら、
こちらでも紹介しようと思います。

HSP気質の私と非HSP気質の母が、
同じものを心の中では、どう感じてるかも気になります。

気質のまったく正反対の2人が旅暮らしをしてどうなるか?

ちょっとブログの方向性は変わりますが、
読んで頂けると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました