エアアジア 関空→クアラルンプール→チェンマイ    

いよいよ避寒の始まりです♪

関空を22時発なので、フラットベットになる席にしました。
なので、並ばずチェックインカウンター行けます。

預け荷物80キロ(2人で)ギリギリセーフに抑えたつもり・・・
ドキドキする瞬間!
オネェさん電卓で計算してる・・・ヤバイかも!

なんとかOKのようで一安心。

お琴を運んでいたので、’壊れても責任負いません’ の書類にサインしました。
古い姫琴で、タイで処分するつもりで持っていくので大丈夫。
ちなみに、お琴運ぶのは事前問い合わせで、300センチ以内(縦横奥行き)なら預け荷物OKでした。

まぁまぁ空いてる。
と思ったが、最終的には12席全部埋まりました。

さすが夜便。
皆さん少しお金出しても寝て行きたいんですね。
前回昼便はフラットベットのない飛行機に変更になり、返金処理があって面倒でした。

乗ったら、ご飯をいつ出すか聞いてくれる。
出発後すぐか?到着前か?
分からないので ’オススメはどちら?’ と、聞いてみた。

‘朝到着前はかなりの早朝なので、すぐのがオススメ’ とのこと。
プライオリティパス使って、ぼてじゅうで色々食べた私達はお腹いっぱい(^_^;)
ですが、早朝起こされるのも嫌なので、出発後すぐに頂くことにした。

エアアジアの不思議の1つ。
注文したご飯が絶対出るとは限らない!
これはナンデかな〜?
チケット取る際に選ぶんだけど、いつも違うものが渡される。
少ししか食べないからいいんだけど、ちょっと不服 (*_*)

ご飯食べて、サッサとフラットベットにして就寝。
枕と羽毛布団が渡されるので、朝までぐっすり。
しっかり寝て、早朝起こされる。

クアラルンプールのエアアジア専用ラウンジ。
プレミアムフレックスのチケットを持ってると入れるラウンジ。
今回たまたまクアラルンプール乗り継ぎで夜便なのでこのチケットにしました。
なので、今回入らないと次回があるか?分からない。
プライオリティパスのチケットはいつでも入れるので、エアアジアのラウンジめがけてサッサと入店。

2階の分かりやすいところにありました。

まずは受付でチケットとパスポートを出します。
その後、中へ。

2階がごろ寝出来るスペースがあり、早朝だったので私達もここで1時間ほど寝ました。
貴重品の管理には注意が必要ですが、ありがたいスペースです。

早朝でしたのでそんなに食べるものは無かったです。
私達が出るころに、朝食系の食べ物が運ばれていました。
ちょっと、小腹を満たした程度です。

そして、チェンマイ行きの搭乗口近くにあるプライオリティラウンジへ。
人が多く、狭い所で時間もなくて、シリアルと果物を軽く食べて急いで機内へ。

とにかく広いし初めての空港だったので、ラウンジ探しに手間取ったり、歩く箇所が長かったりと、不安になりつつ搭乗ゲートを探してウロウロと。

なんとか無事、搭乗口へ時間数十分前につけてヤレヤレでした(^_^;)

その後、クアラルンプールからチェンマイへ。
やっぱりご飯は注文したものとは違いました。

ドンムアン空港乗り継ぎと違い、時間も長いし、入国審査もまだなので、ちょっと不安。

チェンマイ空港に降り立つと、中国人の団体でごった返していました。
ですが、空港職員の方々が上手に振り分けてくれたので、以外にもスムーズに進んで出れました。

入国カードもまだ廃止になってないようで、書きました。
飛行機内で配られなかったので、もう書かなくてよくなったのかと思い客室乗務員の方に尋ねると、’用紙が不足してるので、降りてからもらってください’ とのこと。
入国審査の列に並びながら急いで記入。
年内はまだ記入させられるのかしらん???

荷物をとって、外へ出るとまるで夏!(当たり前)


寒い国から来た私達は、汗がダラダラと流れる・・・(-_-;)

朝なのに、30度以上はあるかのよう。
こんなに暑かったっけ?

空港からコンドミニアムまでは車で20分ほどの近さ。
お部屋を借りている大家さんのご厚意に甘えて、お迎えに来て頂いてます。

今回は荷物が多いので車に乗るか不安でしたが、無事収納。

2ヶ月半、留守にしてたので、昼間はお掃除と荷物ほどきで終了。

楽しくて暖かい避寒のはじまりです〜〜〜♪♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました